友人に誘われ、初めてスキーをしに行きました。

友人に誘われ、初めてスキーをしに行きました。

大学の講義が休みに入ったある日、僕は友人からスキーへ行こう、と誘われました。誘われた先は、苗場スキー場でした。
僕は雪が好きではありません。冬になると降って、電車を遅らせる存在で、鬱陶しい存在という認識でしかありませんでした。
スキー場につくと、スキーウェアを着込みました。友人に教わり、板をつけて雪の上を歩くと、不思議と足が雪の中に沈みませんでした。僕の頭の中の認識では、足は雪の中に沈むものなのだ、と思っていました。その思い込みを覆され、僕は沈まない、と騒いでいると友人に子どもかよ、と軽く笑われました。しかしそんな嫌味も全く気にならないほどに、雪の上に立てる、という感覚は楽しくて仕方がありませんでした。
僕にとって鬱陶しい存在でしかなかった雪が、遊び場に変わった瞬間でした。

温泉好きにはたまらないスキー場

私はスノーボードが趣味なので、毎年冬になると、地元のスキー場に大学の仲間とほぼ毎週末滑りにいくのですが、今年は遠出をしてみようと思い、先週初めて彼女と野沢温泉スキー場に行ってきました。
ゲレンデが広くコースも沢山あるので、一日滑っていましたが、なかなかに楽しめました。雪質も良く、とても気持ちよく滑ることができました。
また、近くには天然温泉100%かけ流しの共同浴場が多数あり、雪山で冷えた体をとっぷりと温めることができたので、とても良かったです。
彼女が大の温泉好きで、彼女の希望により共同浴場を3箇所まわりました。温泉が多数あるというのは、温泉好きにはたまらないようです。
実はこれが今の彼女との初めての旅行だったのですが、彼女も楽しんでくれていたようなので、行って良かったと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です